体が喜ぶヨモギの力


 

自然の力をいっぱいもっている野草は、昔から食物としても薬としても

日本人の暮らしの中で使われてきました。その中でも、ヨモギは誰もが

知っている野草の代表格。春先の柔らかい葉はアクも少なく、摘んで洗って

きざんで味噌汁の具に、ヨモギご飯におひたし、天ぷらや油炒めにと美味しく

使えますよ。

 

5月にもなると背が伸びてくるので、刈り取って軒下で干しておけば

足湯や腰湯に、ヨモギ湯の風呂にと、いつでも使えて便利。疲れたとき、

肩がこっているとき、なんとなくだるいとき、ヨモギの干し葉をじっくり

煮出して塩を入れ、お風呂より熱めのお湯で20~30分足湯や腰湯をすると

すっきりしますよ。

 

食用の干し葉はを作るにはクヌギの灰でアク抜きをして、一日目は天日で

干し、翌日からは陰干しでカラカラになるまで干せばきれいな緑色が残り

ます。保存は湿気がなく風通しのよいところで。こうしておけば一年中

香り高いヨモギが食べれます。

 

ヨモギ茶は、基本的には灰汁抜きする必要はありません。刈り取ったものを

サッと洗って一日目は天日で、翌日からは陰干しします。虫などが気になる

場合は、熱湯に塩を一つまみ入れてサッと湯通ししてから干せばよいでしょう。

 

ヨモギを食べる生活をしていると血液がきれいになって、免疫力も上がります。貧血の人には、造血作用もあるのでとってもお勧め。ヨモギ茶も試してみて。熱中症などが心配される真夏日には、ヨモギの生葉を摘んで帽子の

なかに敷いてかぶるとそれだけです~として気持ちいいんよ。

山などで怪我をしたときなど、生葉をよく揉みつぶして傷口に貼って

おくと血が止まるし、痛みも消えますよ。